自己管理術が学べる本

キャリアアップしてシステムエンジニアになれば、あらかじめ読むと仕事で役立つ本があります。システムエンジニアにおすすめなのは自己管理に関する書籍です。システムエンジニアになると業務内容が多岐に渡ります。設計業務やクライアントとの打ち合わせ、開発スタッフの管理など慣れない仕事が多く苦労します。プログラマー時代よりも責任ある仕事が増えて失敗が許されず、自己管理能力がますます必要になります。努力家のシステムエンジニアの中には、無理に仕事を処理しようとして過労で倒れるケースも後を絶ちません。努力だけではカバーできない業務内容がシステムエンジニアになれば増えるため、賢く仕事をこなせるよう自己管理能力を身に付ける心構えが必要です。

ビジネスジャンルの書籍には、自己管理に関し参考にできる書籍が数多く存在します。ただし書籍を読んで満足するだけでは、実践で役立つ自己管理能力は身に付きません。知識は実践を通じて試行錯誤ながら確かめて、徐々にスキルとして定着させることができるものです。それでも現実には、本を読むだけで満足するシステムエンジニアは珍しくありません。そこで普段の開発業務をスキルアップのチャンスと捉え、自己管理の知識を活かす心構えが必要になります。自己管理法の内容を業務の中で試してみると、本当に役立つ自己管理のノウハウや、一方で実践ではあまり有効ではないテクニックが見分けられます。
このように、今の自分の状況にあった書籍選びに加え、ただ読むだけで満足するのではなく、自己管理の書籍にしてもいかに読本での知識を現場で役立てるかがかなり重要となってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です